(続)F1・クビサのクラッシュ

奇跡的に大事には至らなかったクラッシュ。
医師の診断時、クラッシュの様子を克明に話ができたらしい。しかしながら、そのあと、一時的な記憶障害があったようで、今後の影響が心配だ・・

ギリギリの所でレースをしているからこそ、起きうる事故。
方法論をFIAが定めてはいても、回避はしきれないのは事実。
セーフティ・カーのルールだって、安全かどうかは疑問なところ。
難しい問題ですな。

最悪、レースが惡とされ、なくなった、って結論にだけはいきついてほしくはないです。

だって、こんなにも熱くなれるものがなくなるなんて、考えられないから。
[PR]