HiRスプ Round 1フィニッシュ.(一部加筆しました6/3 22:45)

優勝


できました..





(C) TERUさん ,魅巣亭さんのとこにペタっとしてあったのにリンクさせてもらってます

以下,長文w
ながっ....(どんだけぇ~~!)


今年もスプリントは年間3回という短期決戦のため,1戦も落とせないなという感じだったのですが,実は昨日従兄弟の挙式があり,出場するかどうか,ホント悩んでおりました.

で,出場を決意したのが,つい先日.

・・・・・その矢先.
案の定,昨夜は従兄弟宅で親戚関係者に囲まれ,

拉致軟禁


ですw

うちの家族(特に父親),だいぶ前準備から当日の諸々の手配等等をしていて,挙式後はもうくたくただったようなのですが,うちから誰も行かないわけにはいかず.
家の代表として行ってきました.

・・・・・それが間違いのはじまり(涙

昨夜の帰宅,2時半過ぎ(TT;

いや,実は,タクシーは呼んだのですよ.1時くらいには.

で,「10分くらい」のままなぜか50分経過(TT;

再度電話をかけて催促をしたところ.
ようやく自宅についたのが2時半くらいwwwwwww

あとは急いで出かけたので諸々が放置だったモノたちを片付け...
(だいぶ酔ってたので,例によって2倍の時間かかってました)

そして.

泥寝した


(「泥のように」じゃないねあれわ,倒れこんでたに近い)


・・・・・・


08:25


の文字が目に飛び込んできて起床.


アラームmaxでかけたのに,まったくきづかなかった模様・・・

(~□~;



一瞬,『ザ・ワールド』により,時がとめられたみたいです.

あたふたと出陣.
大爆走!!!!!!!!!!!!!!!

到着.
はっきりいって,気持ち悪いTT;;

例によって,受付時間終了時に申し込みでした...
ごめんなさい...

 で ・ す ・ が



いつもと裏腹の好タイム!
タイトラがいつもの上位陣の顔ぶれと違います.

ナニガアタノ?

車両の差もあったようですが,

では,その問題のタイトラから


 耐久でチームメイトのK3さん(ペペグリーン)がなぜかPP!(失礼w)
 耐久での激マズなくじ運と逆ぢゃん!w
 最高のくじ運がココで・・・・
 実は,タイトラ中,追われる練習(K3さんがね)をしていたのですがw
 気づいた人何人いただろうw

 2番グリッドには,事故にもかかわらず,奇跡の不死鳥のようによみがえってきた
 G藤くん.すごかったね.前日コースレコードも出してたみたいだし.
 タイム出す能力はズバ抜けてすばらしいっす.
 ※最近,ビギナーからあがってきた人が毎度PPな気がするのはオイラだけ?
  がんばろうよ,1クラスのおっちゃん(自分も含め)たち!w

 3番グリッドには,これまたタイトラ王者の赤いスーツのアナンソさん.
 また前に・・・

 4番グリッドに自分.
 タイトラの最中,どうもタイムが出てない雰囲気満載だったので,実はK3さんの
 特訓モードに入ってたのですが,それが功を奏した?めずらしくうまいこときちゃいましたw

 で,5番グリッドに英翁殿,何故か最後尾に常様.
 このごろ急激成長中のマオくんにヨウヘイくんもタイム向上してたね.
 山形の人たちがすごい増えてきて,オイラとしてはうれしいかぎりな反面,
 宮城勢が少なくなってきたなぁ,,,と思うこのごろ半分.
 真後ろにはI塚弟もいるしー.うーん.やっぱ今回も混沌とした1クラスなんだろう,と.
 おもっとりました.


予選ヒート


 観客席からは,だいぶ面白いレースだった,と大好評な声をかけられましたが,

 じ・つ・は.

 英翁殿とのバトル

 

泥試合



 だったのでしたorz

 おかげで後ろの人たちに大迷惑!w(だんごだんごだんごだんご・・)

 えーと,互いに並びかけて加速すると失速するというなんともハズカシィ状態での
 レースだったのですよwwwwwwwwwwwww
 
 だから,お互い抜いた後も閉めるに閉められない(閉めたら大接触という状態).
 真剣そうに見えて,実は互いに並ぶ都度「ごめんなさい」チックに苦笑がw
 ヘルメットごしでもわかるくらい・・・

 それもこれも,序盤で捕らえられるはずだったアナンソさんを逃がしてしまったモイラがすべての原因..
 まー,んでもそんな中,抜かれたあとうまいこと前に出られてよかたよかた.
 (つーか結果的にはグリッド何も変わってないんだけどw)

 あ,勘違いした人もいるかもしれないので加筆訂正.
 こんなことは書きましたけれど,ちゃんとクリーンなバトルはしてました.
 だから外から見てても興奮できる面白い展開になってたんだと思います.
 フェアに,かつミスしたり押し出したりせずに互いが並んだまま走っていた,というのをちゃんと見てくれていた人がいたらうれしいですね.
 こういうのは,さすがに経験がモノを言う部分もあったりするものなのですが,精神論からいけば,初心者の人などは,並んだ後『俺が俺が』ってなって結局ぶつかってあぶなーーい!なーんてシーンをよく見ますし,並ばれる側からしてみれば,「バトルキター!勝負!」精神みたいな部分を汲み取ってもらえたならうれしいですね.
 レース経験が浅い(無い)人にとってみれば,『ヤバい,並ばれた』とか『あっ抜かれた!』ってだけ思うのって危険ですからね.後続車両がどれだけいるのか,などの戦況もちゃんと見てないとトテーモ危険です.
 んで,何をいいたいかというと,並ばれても,マシンコントロールする方法ってのもあるんです.クルマを速く走らせる方法は知っていても,バトルになったとき(特に複数台)並ばれた時(もしくは並びかけたとき)に,どう対処するか,を知っている人は,実は少ないよーに思います.
 俺もたいしてうまいとは思っていないのでたいそうなことはいえませんけれど,互いがタイムをなるべく落とさずにレースする方法ってのがあるんですね.それが「ブロックじゃなくてギリギリ1車身あけるライン」ってのがあるんです.これは車幅感覚と慣れが必要なので初心者同士でいきなり・・みたいいなことはやってほしくないんですが.
 だいたい,並ばれるとみんなガッチリ閉めちゃってタイヤが接触(もしくはブレーキ踏まなきゃならんラインになっちゃって,急激な失速の結果,ダンゴだと大変なことに@@;),みたいなのってあるでしょ?あれほど怖いものはないんですね.特に並びかけに行った人や,その後ろにいる人たちにとっては.だって,行き場がないですから.前を行くドライバーの視界に入っていない場合は仕方がないですが,後ろから行く人はコッソリじゃなくて前方ドライバーの視界に入るくらい大きくアピールして(もしくは事前に後ろに居るぞってのをうまくPRすることが前提ってことです)バトルをしたほうが,絶対によりフェアなレースになります.
 今回も,実は前もって居るぞ信号を英G様からPRされてたので^^;(いつものことです),あー,来るなぁってのがわかってたからできた芸当だし,お互いのマシンのいいとこ悪いとこもよく見てバトルしてたのも要因のひとつですかね.
 そして仮に抜かれても,『クソー!』とは思っても冷静に.よほどのマシン差がない限り,抜き返す方法ってのもあるんです,それがバトルですから(それは秘密ですw).
 レースに熱くなりすぎて,目の前しか見えない,そーんな人もいたりしますから,絶対これが正しいとは思いませんし逆に危険になる場合もあるので要注意なのですけれど,ちょっとでも共感や勉強になったと思ってくれる人がいたらいいですね.
 今回は,お互いをよく知る戦友なだけに安心してできた部分もいくつかあるんですけどね.
 初めてバトルする人とでも,こういうレースをしたいなぁ,と思ってます.
 (もてぎRKFでは何人かとクリーンでフェアで熱いバトルさせてもらった方もいます)


 で・・前置き長かったですが(大汗)
 その大渋滞をうまく活用した?のが常様.
 最後尾から,気づけば7番グリッドまで上がっていたようですね~


決勝ヒート


 正直,スタートにすべてをかけていました.
 コウゾウさんが,実はスタートの方法知らなかった!ということを
 決勝スタート間際に知り(笑),是正したところ,想像してたとおりの好スタート!w
 というか,なんというかw

 うまーいこと利用させてもらってアナンソ選手にしかけた結果,理想どおりの抜き方で前に出ることができました...よかったよかった.

 次に.コウゾウ選手.

 後ろとの差を確認して(後ろ振り向かなくても後ろとの差は視覚上見えるので)
 ベストラインで走る,走る.
 (「レコードライン」じゃなくてベストラインって書いたのは,車両別にちょっとずつ違うからですよ)

 単独で走るとタイムが出ないという謎のオカタ.
 ちょうど,トップのG藤君とは少し差があり,これまたミス連発してくれていたおかげでうまく追いつけましたw
 タイトラで後ろについていたのが功を奏し,これまたK3さんのミススポットをよく勉強していたため,バトルになった直後から,予定どおりの場所で抜けました(どこでどうしたら抜けたのかは企業秘密ですw)

 ビギナーから上がって間もないG藤くんを,1クラスでトップチェッカーなんかさせたくない
 一心で走りました.まぢ.いつも以上に必死だったのですよ,オイラ.

 そしたら・・・なんか車が速かったw
 かなりのハイペースで追いついてしまい,これまたここはさすがにレース経験の差を活かして,これもうまいこと×周の組み立てを即時に立てたところ,これまたうまくぬけてしまった・・・

 ・・・こっからが問題.
 予想以上に早く前に出てしまったもんだから,逃げる逃げる.
 というか,ブロックしながら引き離すつもりが,さすがにそう簡単にはいかなかった・・
 正直,G藤君に必殺ラインも盗まれたくなかったんで,これまたそれも考えながらの逃げ.

 これ,かなり大変なのですよ.

 おかげで背中すりむけましたw


 で,おっちゃん体力の限界がきたころ,神のホワイトフラッグが見える.

あと1周,がんばれ,俺



 自分に言い聞かせながらがんばりましたw

 結果,なんとか優勝することができました..

 宿敵英Gさまはアナンソ選手とずーーーっとバトルしてたみたいで,前に来る前に逃げ切ることができましたw
 (これまた後ろもちゃんと見てたのですが激しいバトルだったみたいですね)

 終わってみれば,表彰台は山形勢が制覇.
 いつぞやの耐久以来の快挙です^^


 今回も,事故なくレースができてよかったです.


 ビギナーと2クラスのレポは・・・

>ビギナー
 最近仲良くしていただいている魅巣亭のmackyさん.
 「優勝以外認められない!」
 という大プレッシャーの元w,がんばって走ってましたね~
 と,こ,ろ,が!!!
 大ホープの若者出現!(高校生だとか.マオ君の宿敵ですね)
 スタートからするするするっと前に出て,なんとmackyさん予想外の展開に!
 途中だいぶミスなどもあったようですが,最後のほうではものすごい追い上げで
 タイムも1クラスに混ざっててもおかしくないタイム連発を安定してたたき出してたのは
 さすがだなって思いました.血は争えないわけですねw

 で,実は.
 モイラにもあったのですよ.若かりし頃.ビギナーレースなんてのに出た時期が.

 シチュエーション的にまったく同じ展開!(=口=;
 そうやって人って速くなっていくんです!w
 失敗こそ最大の成功だと思います.モイラは.

 何故か後半はHiRスタッフと大バトルになってたし.よかったですよ^^
 (2コーナー立ち上がりのラインから想定すると,
  3コーナーでどうやって抜いたのかがすごーく疑問です[見えなかった])
 結果がすべてではないですから.すごくよいレースだったと思います^^

(C) TERUさん ,魅巣亭さんのとこにペタっとしてあったのにリンクさせてもらってます

>2クラス
 いつもの1クラスみたいでしたw
 シェー部長は完璧なまでの走りで先頭を独走!流石です.

 2位以下が大ダンゴ・・・すごかった・・・
 もう何がなんだかって感じなので,展開覚えてませんがw
 結果はGOKさんのブログに書かれるでしょうから,多くは語りませんが,
 今回,個人的には
  KONさん
  GOKさん
  カミルトンさん
  トバッティ
 この4人が印象的でしたね.

 KONさん
 あの果敢さは大事ですよ^^
 おととしあたりから,KONさんと一緒に出るレース,抜かれまくりなのですTT;

 GOKさん
 ショートカットで大混戦があったにもかかわらず,ちゃんと回避してあのフィニッシュ.

 カミルトンさん
 特に,カミルトンさんは,よくレースを知ってる走りをしてました.
 理由は言わずしてもわかるかもしれませんが,
 タイムは前を走っていたトバッティよりも速かったのですが,抜くまでに至らないと
 判断し,なおかつ,その前を行くマシンに追いついてバトルになる,ってこともちゃんと
 考えて,マージンもってペース配分してましたからね(ように見えました).
 あれこそレース戦況をよく見て勝つドライバー戦略.

 トバッティ
 あのダンゴ状態からよく抜け出して3位フィニッシュしましたね.
 レース序盤,左右にマシンを振っての攻め,2クラスではあまり効果なかったようですが..
 (バトル慣れしてる人が多い^^;)



<総評>
 今回,いつもの1クラスといつもの2クラスが逆転しているレース展開な感じでしたねー.
 すごーーく2クラスが緊迫してて,オイラ的には面白かったですw


いろんな人が見てると思いますが,

レーシングラインを走っていれば起きないことでも起きるのがレース.
今回で言えば,タイムだけ見てればマシンの個体差ってないように見えて,実はそういうところでおーーきく差が出たレースでもあったようにも思います.


前々から言ってますが
「タイム」
にこだわりすぎると『レースができない』
んですよ.実は.

よく
「まだタイムが出ないんでレース出ません!」

で,2時間走り放題で単走する.
・・・・・
いやいや.
それも確かに一理あるかもしれませんが.
『レースこそ最大限の練習の場』
そして
『必要十分条件でかつ最短で実践できる価値のある場所』
ということを知っていてほしいですね.

2時間走り放題を10回乗りに来るんだったら,レース1回のほうが絶対成果は高いです.
(実際自分がそうでした.それに気づいて以来,レース主体での参加となってますw)

と,オイラは思ってます.

もちろん,人それぞれの目標があるので,そんなことにつべこべ言いがかりをつけているわけではないんですけれどね.

「レースをしたくて練習をしている人」

がいたら,

まず,「レースに出てみましょう」ですね.

なにごとも,経験しないとわからんですから.
不安だったら,2時間走り放題につきあいますよ^^;
鬼特訓してあげますw




あ,最後に,規則書にも書いてあり,さらにドラミでも説明があったのに,共済会に入った人は4人だけだったみたいですね・・・個人的にはちょっと残念でした..
確かに小さなことですし,保証の範囲なんて不透明な部分もあったかもしれません.
しかしながら,コース側の運営面からできる限りのことをやってくれていたのですから,おいらは今回のレース,加入しました.
ちょっと,任意制だったのも残念なことでしたが,あの内容だと任意にするしかないのでしょうね.残念TT;

おいらがそれでも加入したのは,そこからよりよい運営になることを願って,です.

予想とおり,シェー部長は入ってくれてました.流石だなって思いました.




KONさんのブログ
スプリント R-1


GOKさんのブログ
H◆ハイランド07-R2

[PR]
by pol_356 | 2007-06-03 21:11 | KART(HiR)