燃費って.

クルマの燃費.
みなさん計算してますか?





意外と見逃しがちですが・・・

クルマの性能でも燃費は変わりますけれど,
『運転の仕方』で全く変わります.

アクセルの踏み方,ブレーキのかけ方,ステアリングの切り方.

そして『積載している重量』.

小さいことに思いがちですけれど,全て燃費に関わってきます.

乗ってる車がこんな感じの2シーターなだけに

注意:本人の所持しているクルマではありません.同型です.

移動するときは,いろんな人の車に乗せてもらう機会が多いです.
すごーく燃費のいいクルマ,すごーく広いクルマ,すごーく速いクルマ・・・

ですが,2割くらいの人は,残念なことに燃費性能が悪くなるようなアクセルの踏み方している人がいます.

よく見受けられるのが「アクセルペダルの調整の仕方がわからない」人ですね.

1.加速時踏みすぎ
2.一定の踏力(とうりょく)で踏めない


が上げられます.
特に2番ですかね.

例えば 40km/h のペースを守ろうとしたときに,

アクセル踏む -> 加速のしすぎでアクセル戻す -> スピード落ちてきたからまたアクセル踏む

こんなケースですかね.
↑はずいぶん大げさにかきましたが,乗ってる人は気づかない人は気づかない,ちょっとだけふわふわいう程度です.

アクセルは一定の踏力で踏みましょう.
このふわふわ言う感じ,乗ってる人も気持ち悪くなる人もいます(おいらは気持ち悪くなる派です).

こりゃ免許とるときだって自動車学校の教官は教えてはくれません(親切な教官は教えてくれますけれど)
もちろん,交通ルール的にも悪くはありません.


ですが,
『燃費のいい車がいい』
なんて言ってる人に限って,こういうケースがありがちです.

せっかく燃費がいいはずなのに,自分の乗り方で悪くしている.

「カタログ値より全然燃費悪いんだけど...個体差でクルマの調子が悪いんだよね~」

違いますから!



まず,クルマを疑う前に,運転の仕方を考えてみましょう.

大体,10.15モード - 2kmくらいの実測は出るはずです.街乗りでも.
#いぢくってたり特殊なエンジンだったりする車は別ね.

せっかくいい車なのに・・と思うことが多々.
矛盾してますよね...

まーたまには加速もしてあげないと,エンジンによっては回らなくもなりますから,イチガイに『一定でゆっくり』だけじゃだめなんですけどね.
「キケン回避時に燃費走行」なんてできませんしね.


つまりは,状況に応じた,メリハリを持った運転をすることがダイジなわけです.


...と,さて,ここ10年,ずーっと思ってたことを書いたので,全然関係のないような導入になっちゃいましたが.

とりあえず,最初に出した画像は全国のガソリンスタンドの情報がわかるサイトなわけです.
各県のところにマウスカーソルをonMouseすると,ランキング3位までの最安値スタンドが表示されます.これは便利!

caplisとかおいらとかがよく行くガソリンスタンドも出てましたね~
というわけで.

e燃費 公式サイト



こんな勧告令も出てますね.
CO2削減義務化、米大手企業10社トップら提言

※ガソリンで走っている我々のクルマはCO2を排出しています.
 嫌煙されがちなディーゼルのほうが,実はCO2の排出は少ないのです.
[PR]