F1の話題

そういえば細菌F1の話題をしてないっすねー



で,そうそう,つい昨日,こんなのをいまさらかもしれないけれど見つけたわけです.

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=f1&a=20060608-00000011-fliv-spo

キター!ってかんじでしたね.
おいらの中では,第二の虎之介ってかんじなんですが(見た目).

昨シーズン,SuperGTのSUGO ラウンドとか見てても,Fポンみてても,注目株でしたね.
鮮烈なイメージがあったのを今でも覚えています.

若いのにしっかりしてるし,走りに力強さのあるドライバーだと思っていました.
井出もそうでしたけどね.

で,個人的には,時期F1ドライバーは,トレルイエか左近だろうと予想してたんですが...
でもでも,やっぱりきましたね.左近.

で,よくよく考えたら
Fポン(TOYOTA)
superGT(NISSAN)
ときて
F1(HONDA)
なわけです.

つまり,各メーカすべてに精通した一年.
すごいことですよ,これわ.

個人的には,琢磨のドライビングに最近不信しか感じられなかったので,純日本ドライバーとしては,超期待しています.

いやー来シーズン,琢磨もうかうかしてると,井出・左近 みたいなことになりかねませんよ
今年,「マシンとチーム開発」としてひっぱっているだけに,さらに追い討ちをっけるがごとくの日本人ドライバー投入.

なんていうか,アグリ社長の思い入れとかもそうだし,各種サポート企業からも,「純国産チーム」としてやっぱ日本人ドライバーの起用,ってのは大事なのかなぁ,と考えさせられますね.

今年はSAは鮮烈デビューイヤーですから,たぶん,活躍しはじめるとすれば,あと2年.
そういった感じでしょうかね.

だって,ビッグメーカのTOYOTAですら,いまだ表彰台の真ん中とれないんですから.

やはりF1っていろんなあわせ技だと思うんですよ,やっぱり.
チーム体もそうだし,政治面もあるし.資金繰りなんて相当大変.
それに経営も加わるし.ドライバーだってマシンだって,タイヤだってエンジンだって作っていかなきゃならない,しかもそれぞれにものすごーーーーーーく奥の深い世界があって,タイヤ1つにしても,ウィングの形状や角度1つにしても凡人には理解できないところがあるわけです.

小学生のころ,セナが活躍していた時代なんて,スピードと迫力でパッと見すげー!
って思ってたものが,最近になってどんどん深い部分まで考えたり見たりするようになってきて,単純に「ドライバーが遅い」とか「マシンが・...」とか,そういうもんじゃないなって思っているこのごろ.

でも,本心は,うれしいかな.
ようやく川井ちゃんの言ってることが理解できるようになってきたんだもの.


・・・あれ,なんか話題がずいぶんそれたけれど.
結局のところ,第9の日本人F1パイロット(ドライバーとは呼ばないんです)が出てうれしい限りです..

右京さん.琢磨 に続く,鮮烈デビューなドライバーが今後出てくることを期待.
[PR]