HiRスプ2005FIN

疲れました・・なんだかものすごく神経使ったような気が・・



本日は、HiRにて、カートスプリントレース第4戦(最終戦)が開催されました。

トップの英翁殿と、20ポイントでの同ポイントで並んでの最終戦!!!
絶対に負けられない、そんな状況でのレースでした。。。

結果から言いますと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


















優勝!


です!!!!!!!

運も味方してくれました!

しかも

2005のシリーズチャンプ


ですからなおのことです。

うれしいっす!
まー100人も200人もの中のトップではないんですが、シリーズチャンプってうれしいですね。
自分は一番になれるものって無かったため、すごくうれしいですね。

小さい草レースだからとは言っても、そこは勝負の世界。
いろいろありました・・・今日も・・・
ドラマのような展開。。。。。

今回のレースは、1・2クラスともに台数が少なかったため、混走となりました。
JGTCで言うならば、GT500とGT300の混走のような感じですかねー。
※ポテンシャルはほとんど差はないですが

しかも、参加者の半分くらいなんと2日酔い?wwwwwww
いやー酒飲まなくてよかったよかったwww


◎レース展開
 HiRカートコース(全長470m)



 ・タイムトライアル(10分のフリー走行,ベストラップ方式)
 ・予選(レース方式・スタンディングスタート 15周)
 ・決勝(レース方式・スタンディングスタート 30周)

 で行われ、各セッション毎にくじ引きにより車両も抽選で決めるという方式。
 言うなれば

 1)実力
 2)判断力(レース展開)
 3)洞察力(カートの状態/特性を瞬時に見抜く必要)
 4)運(くじ運,レース展開運)

 の4つが必要となるものとなっています。
 レーシングカートにはない部分も多々あるかと思います。


☆タイムトライアル
 くじ運にめぐまれ なんとトップ!!!
 走っている感覚ではタイムが出ている感覚がなく、4番かなーとがっくりしていたんですが・・
 ちょっとびっくりでした。

 1位 [1クラス]pol356 32:905
 2位 [1クラス]英翁殿 32:923
 3位 [1クラス]タロさん 33:040
 4位 [2クラス]シェー部長 33:110
 5位 [1クラス]コーゾー選手 33:208
 6位 [1クラス]のんすとさん 33:252
 7位 [2クラス]オーバインさん 33:312
 8位 [2クラス]F江さん 33:374
 9位 [2クラス]E藤さん 33:445
 10位 [2クラス]GOKさん 33:499
 11位 [1クラス]Kーノさん 33:500

 この結果ですごかったのは、2クラスのシェー部長がなんと1クラスを3人も喰らったというところ。。。。


☆予選(レース方式・スタンディングスタート 15周)
 スタートに至っては、タイムトライアル結果どおりではなく、
 1クラス6台 → 2クラス5台 という順番でグリッドにつきます。

 <グリッド>
 1位 [1クラス]pol356
 2位 [1クラス]英翁殿
 3位 [1クラス]タロさん
 4位 [1クラス]コーゾー選手
 5位 [1クラス]のんすとさん
 6位 [1クラス]Kーノさん
 7位 [2クラス]シェー部長
 8位 [2クラス]オーバインさん
 9位 [2クラス]F江さん
 10位 [2クラス]E藤さん
 11位 [2クラス]GOKさん


 予選では、pol356は微妙なマシンを引いてしまった模様。
 スタートの時点からダメダメ・・・
 一瞬の加速はするが、直線の伸びがものすごくない!!!!という仕様。
 これは困った!と思いつつ、序盤ブロックラインで逃げる逃げる。
 後ろを見ると、大渋滞・・・・
 数周したとき、後ろの英翁殿が抜いてきた・・
 それに便乗してタロさんにのんすとさんまで・・・
 どかどかっと前に行かれる。
 ま、まずい・・弟子のはずのコーゾー選手まできた・・
 という状況。
 が、なんとここでハプニング。。。。
 なんと英翁さんと競り合っていたタロさんがショートカットでスピン!!!
 しかも丁度のんすとさんがそこへ向かって特攻!あぶねぇぇ!!!
 しめたとばかりにそれを避け、ゴッツァンで2位のポジションまで返り咲き。
 ・・・が、車の伸びがないため、ファイナルラップにのんすとさんに追いつかれ
 ヤバス・・・な状況。・・・
 何とか守りきりましたが・・いやはや・・・すごかった予選でした・・

 残念なのは、2クラスの状況は、自分必死でぜんぜん見られていないこと。
 順位の入れ替わりが激しいことから、かなりすごい展開があったものと思われ・・
 特に、序盤でのシェー部長のスピンアウト、そしてGOKさんの怒涛の追い上げ・・
 見たかった♪


 <予選結果>
 1位 [1クラス]英翁殿
 2位 [1クラス]pol356
 3位 [1クラス]のんすとさん
 4位 [1クラス]コーゾー選手
 5位 [1クラス]タロさん
 6位 [2クラス]オーバインさん
 7位 [1クラス]Kーノさん
 8位 [2クラス]GOKさん
 9位 [2クラス]F江さん
 10位 [2クラス]E藤さん
 11位 [2クラス]シェー部長

 予選では、ポイントがつきます。
 1位~3位まで、3・2・1とポイントがつきます。
 で、チャンピオンシップがかかっていたため、英翁殿が1ポイントリードしてしまった!!!
 はてさて、決勝では逃げ場のなくなったpolでした。。。


★決勝(レース方式・スタンディングスタート 30周)
 こちらも予選と同じく、1クラス→2クラスの順でグリッドにつく。
 くじでは、予選で英翁殿のひいたマシンをゲット。
 英翁殿もタイムを出せなかったマシンだっただけに、微妙!!!と
 思っていたが、予選後の調整にて、なんとかタイムは出ている模様。

<グリッド>
 1位 [1クラス]英翁殿
 2位 [1クラス]pol356
 3位 [1クラス]のんすとさん
 4位 [1クラス]コーゾー選手
 5位 [1クラス]タロさん
 6位 [1クラス]Kーノさん
 7位 [2クラス]オーバインさん
 8位 [2クラス]GOKさん
 9位 [2クラス]F江さん
 10位 [2クラス]E藤さん
 11位 [2クラス]シェー部長


 決勝もドラマチックな展開でした・・・

 車両はビギナーの走行で、ある程度タイムが出ることがわかった。
 が、シートにすわり、ペダルタッチを確かめているときに、左足がふわふわ言う模様。
 普通、踏み込んだ時に跳ね返り感が出るものだが、なんだか奥へ踏み込めてしまいそうなふわふわとしたタッチなのだ。
 で、エンジンをかけ、グリッドへつくためのインラップで、ブレーキペダルの感触に違和感を確実に覚え、フルブレーキをしてみる・・うーん。とまるけれどおかしい。
 ブレーキ自体の問題ではなさそうだが・・

 もう一度フルブレーーーーー 「ばきっ」
 ・・・・・・・・。

 ペダルが折れましたw
 正確には、ペダルを固定しているボルトが折れたんですが。

 というわけで、フォーメーションラップ前に、ペダル修復のピットイン小休止。。。
 よかった・・レース開始後ぢゃなくて。。。

 無事直り、フォーメーションラップ。
 うん、タッチは戻った戻った。

 スタートから、英翁殿とのんすとさんにはさまれ、なんとずーーーーーっとダンゴ。
 これ、一番疲れるパターンね、1クラスでわ・・・
 だって、抜けないし、抜かれない。
 この展開。
 理由は簡単。状況が膠着状態に陥るのです。
 1クラスくらいになると、ラインを変えたところで抜けないし、プレッシャー負けもしない。
 5周単位でのレース組み立てがないと抜けないという感じなのです。

 で、そんな状況が今回は27周くらいずーーーーーーーーーっと
 1位~4位までダンゴ・・・
 すごかった・・・・

 というか、明らかにマシン的には、2位と3位を走っていたpolとのんすとさんのマシンが速く、英翁殿はハズレのマシンを引いた模様。

 ・・が、抜けないんです。タイムは出ていても。
 何度か並びかけても。
 ここが頭と実力の使いどころ。
 英翁殿はうまいラインで逃げる逃げる。
 しかも、頭入れても、ぐっさりとねじ込んでインに入れない・・
 そうこうしているうちにのんすとさんもインへ飛び込んできたりする。
 それをうまくかぶせて逃げる。

 そんな状況が20周以上・・・

 ・・・・・が、そんなとき、運が訪れました。
 英翁殿のマシンが不調!!!!
 ダンロップ先の最終コーナーへ向かう短いストレートで、エンジンが息継ぎする。
 ぴったりとくっついていた矢先で、そんなところで失速するとは思ってもいなかったため、
 軽く接触!!!!危なかった・・おそらく後ろもダンゴだったかと思われ・・

 その状況を見て、また息継ぎが出るだろうと踏んだpolは少し様子見・・・
 すると予想とおり!?、残り3周というときに、同じ場所で英翁殿のマシンが息継ぎ!!!
 というかマジ失速!!!!!!
 一瞬エンジンストールしたかのような失速度!!!
 で・・・そこをするりとかわしてpol~タロさんまで行列状態で抜いて英翁殿が4位へ降格。

 実力で抜いたわけではないのでなんともいえないが、運もレースのうち。
 そのまま逃げ切り、トップチェッカー!!!!!

 今期2度目のトップチェッカーでした・・・うれしかった・・・

 <決勝結果>
 1位 [1クラス]pol356
 2位 [1クラス]のんすとさん
 3位 [1クラス]タロさん
 4位 [1クラス]英翁殿
 5位 [2クラス]GOKさん
 6位 [2クラス]オーバインさん
 7位 [1クラス]コーゾー選手
 8位 [2クラス]シェー部長
 9位 [1クラス]Kーノさん
 10位 [2クラス]E藤さん
 11位 [2クラス]F江さん


はっきり言って、今回のレースは、自分の周囲しか見ている余裕なし・・・
のため、レポも自分の周りしかできないです・・・
ダンゴにダンゴ、一瞬たりとも気を抜けない展開でした・・
ふはーーーー締めレースとしてはかなりのものでした・・
疲れた・・・・YO・・・


ちなみに、今回は併催で、ビギナークラスもありました。
参加台数は9台と結構いたのですが・・
いやはや、ビギナーもレベルが高かったでした。
誰が優勝してもおかしくないくらい面白い状況。
タイム的にもさほど差がない状況。
中にはベテランビギナーもいるくらい。

特に、1位~4位を走行していた車両についてはすごかったですね。
入れ替わり立ち代り。
しかもなかなかハイレベルなバトルでした。
予選ヒートに至っては、ファイナルラップに順位が入れ替わりを見せたりするという展開。
見ている1・2クラスの人員はなんと拍手喝采のレース展開。
タイムだけからいけば、1クラス・2クラスにもひけをとらないタイムで走行していたし。

いやー来年からまた1クラスへ上がってくる猛者が増えるわけですな!

来たれ! 猛者ども!

・・・と思ったら、GOKさんの記事にて、スプリントシリーズが無くなってしまうとのこと??
マジっすか!!!
[PR]
by pol_356 | 2005-10-30 20:53 | KART(HiR)