F1バーレーンGP



のんすとさんのわが生涯に一片の悔いなし「2005F1Round3 Bahrain GP 【決勝プチ速報】」にTB!です。

TOYOTA 2戦連続表彰台!
おめでとう!!!ですね。



今年のレギュレーション、昨年までのトップチーム、スクーデリアフェラーリ,マクラーレンメルセデス,ウィリアムズBMW,BARホンダと、名門が低迷している中、ルノー・トヨタといった純ワークスチームがここ3戦で戦績を上げています。

昨年の新レギュレーション発表から、どうなることやらと思った中、作戦かマシンか、程よく仕上げたチームが功績を残しています。

何かと F1=HONDA のイメージが強いですが、個人的にはTOYOTA党だったりするので、素直にうれしいですね。。

砂漠のど真ん中で開催されるバーレーンGP。
過酷な環境条件のもと、うまくマッチしたのはすばらしいと思います。

さて、レースレポはのんすとさんの記事に詳しくかかれていますので多くは語りません。
ええっと、ではメカニカル面ということで、、2004と2005シーズンでマシンがどのくらいレギュレーションにマッチさせるために改善されたかというと

 ・TF104とTF105の違い

さほど変わっていないように思いますが、ダウンフォースの発生が、昨年とは全く異なっているように思えるデザインになっていますね。

これからヨーロッパラウンドが始まりますので、チーム・マシン・ドライバーの真価が問われる老舗のサーキットが続きます。
はたしてTOYOTAはこのパフォーマンスがこれからどれだけ発揮されていくか。
今大会でマクラーレンがようやく重い腰を上げたような成績で3・5位フィニッシュと、きていますし、今後の動きが楽しみです。

がんばれトゥルーリ・ラルフ!

■参考リンク
F1-Live.com
[PR]