サボっているわけではないのよ&ローレライ

ブログ、最近更新していませんが、サボってるわけではないのですよ。

ええと、単純に、ネタがないのよ(^^;

最近あったのは、
 1.友人の結婚の話×2件
 2.友人の出産の話×4件
・・・・内輪すぎて書くネタねぇよ!(笑)

でもおめでたいこと続きですねっっ。
さて・・・お祝い考えとかなきゃ・・・

あっ、先週、映画観てきました。
平日日中行ったら、なんと貸切状態!(笑)
いやー空いてていいねー。お店の営業は心配だが。

見てきた作品は、「ローレライ」です。以下、ネタばれも若干あり。




ストーリにさらっとふれると、
 この話は1945年、そう、第二次大戦中のお話です。
 しかも、終戦間際の8月に入ってからのお話。
 予告編を見る限り、SFではないかと思ってしまうのでは?
 いえいえ、戦争の話、しかも(舞台だけは)実際にあった話もかぶっています。
 出てくるのは「ローレライ・システム」ドイツ製+αの機能を搭載した最新鋭潜水艦。
 謎を秘めた作戦実行謎を秘めた潜水艦
 それらが織り成すストーリーと、当時の日本の政治観点なども踏まえながら話が進んでいき居ます。

 内容的には、スタッフ陣営のすごさ(映画「ガメラ」や有名アニメータの参加など)が光るカメラワークや特殊効果、役者層の厚さもあり、さすがといった感じの作品でしたね。

 現実的な観点で見る映画ではないので、ストーリー性・設定の無茶さ加減についてはかなり突っ込むところが満載なので、その辺を論評したい人にはあまりおすすめできませんが、SFを見る感覚であればいいのでは?といった感じです。
 事前知識もって行ったので、そういう観点で見ました結果、感動あり、凄さありの作品ですので、是非お見逃し無く。

予告編1(Quicktime)予告編2(Quicktime)

公式サイトにも別途予告編(Trailers)が参照可能です。

東宝ムービートピック
ローレライ公式サイト

なお、余談ですが、作中に出てくる伊507は架空の潜水艦ですが、それを現実的に思える作戦が当時ありました。

 空母&爆撃隊での艦隊撃沈を考えた日本軍(これが逆効果で戦争に負ける原因にもなったんですが)ならではの作戦に必要不可欠な潜水艦、空母潜水艦 伊402 をはじめとする特殊潜水艦。
 要するに何かというと、潜水艦に数機戦闘機(または爆撃機)を搭載し、潜水艦で目的地付近まで航行し、浮上してそれらを飛ばし、作戦を遂行するという、奇襲攻撃ですね。
 こんなことを実現しようとしたのは日本だけですし、当時の日本の作戦本部の頭の回転のすごさを物語っていますね。
 実際は作戦実行前に終戦し、アメリカ軍によって没収された後、某沖合で撃沈されたということですが。

 ・・世の中にはそんな潜水艦を調査している人がいるもので、撃沈場所が明らかになりつつあり、その調査報告を、DiscoverlyChannelで放送します。
 先日、似た内容で地上波放送でもしてましたが、結局場所はわからず・・で終わっていたので。

 CATVやスカパーなどで見れる人は是非とも、ですね。
 これこそ、スペクタクル?です

第二次世界大戦当時の日本の超大型潜水艦を発見!

<豆知識>
伊400号~の役割と性能
伊500号~の役割と性能
なぜ潜水艦の名称に「伊」がつくか
[PR]