ネットゲー

『ネットゲー』ってどうよ?

と思う最近。です。

何?かというと、「ネットワーク対戦(または対応型)ゲーム」
のことですね。





ネットゲーって何?って言われたら、簡単に言うなら
「ゲームボーイを対戦ケーブルでつないで対戦テトリス」
の発展形・・・みたいなもんですかねぇ・・。

それをゲーム機器やパソコン機器に置き換えて考える。
1台のゲームを画面2分割とかじゃなくて、複数のテレビでプレイするっていうものです。

最近ではブロードバンド普及により、インターネットを介しての通信対戦も出てきたり。
もう、ついていけません(泣

しかし、つい昨夜、友人宅にて 2部屋×2TV(2ゲーム機)での各3人ずつの6人対戦なるものをしてみました。

すっ、すごい


の一言につきました。

プレイした連中はほとんど皆ゲーム狂なのだが(汗、
全員、まさしく狂喜乱舞しながらのプレイ!

部屋2分割だったため、
こっちのチームでしてやったりの作戦で
向こうの部屋からは
「ちっくしょー、」


プレイしたのは、xboxの「HALOです。

どんなのかといわれると、
一時期すごい盛り上がったDoomとか、ゲーセンに行けば必ず誰しもがやる(はず)「HOUSE OF THE DEADみたいな、単純明快な「打ちもの」ゲームである。

マルチプレイヤー対戦では、2人~16人まで選べます。
Xboxの初期から4つのパッド入力があることから、要するに最大4台のTV×4台のxboxをネットワーク接続させて遊ぶことができるわけです。

6人対戦とはいえど、すごかったですねぇ・・本当。
3vs3のチーム戦をしたのですが、敵陣から自陣に旗を持ち帰る「フラッグ戦」などは、「チーム力」が問われる作戦も必要だったし。すごい面白いですね。

現在はもう「HALO2」なるものがあるらしく、なんとXbox Liveなんていうモードがあり、全国のつわものとネットワークでチームを組んでバトル

ゲームに興味がない人からしてみれば、そんなつまらない行事に何百人集まってるんだと言われそうになるかもしれないけれど。
をうよ、そんなゲーム無関心な人達に、「何してんの?」と聞かれたら、こう断言してやろう。

「新手の宗教団体(HALO)活動だ、悪いか。」


と。

私が許可します(笑)

脱線しかけたので・・・それはさておき。
Xbox Liveを使えば、自宅に居ながらにして1人だけしか居なくとも、ネットでチーム員を探してゲームに参加、が可能ってことですねーー。すごいすごい。

ゲーセンでよく「MJ2」なんかやってましたが、対戦相手3人なんて、見つかるのはほんの数秒です。

しっかし・・・昨夜はプレイしはじめて5時間ぶっ続けでゲーム・・・
昔燃えた「ボンバーマン」4人対戦より燃えましたねぇ。。

グランツーリスモ4も、ネットワーク対戦だけど、HALOの16人同時には負けるなぁ・・

そんなことから、ネットゲーするならパソゲーだろうと。
そう思って近々チャレンジしようかと思っています。
#んでもスペック不足(泣

ネットゲーなら、このゲームの発売が楽しみなもので・・

なんか話にまとまりが無くなりましたが、要するに、「ネットゲー」の威力はとどまるところを知らないなと・・・そんな風に思っています。

ますます睡眠時間が削られるものが増えそうです・・

p.s.
HALOには、グロテスクなシーンが含まれています。
プレイする場合、それなりの覚悟と度胸、年齢的にも耐えられる(または反社会行為に出ない)だけの大人な人が対象です。ご注意ください。
[PR]
by pol_356 | 2005-03-06 23:55 | ゲーム