タクシー・イン・エヌワイ

昨日公開の映画、『TAXi NY』をレイトショーで見てきました。

映画の内容は、しばらく前に3作目を公開した、リュック・ベッソン監督のヒット作『TAXI』の、ハリウッドリメイク版です。

b0049016_226995.jpg


↓興味を持った方は「More」をどうぞ



アメリカを舞台に繰り広げられる映画。

「タクシー」の車種は、当然アメリカなだけに、「フォード」。
日本では著名ではないですが、『クラウンヴィクトリア』という車種です。

アメリカンタクシーと言えば当然、「イエローキャブ」。
クラウンヴィクトリアは、アメリカではイエローキャブにもなっているような、一般的セダンです。

日本ならトヨタのクラウンコンフォートとか、マツダカペラとか。
そんな世界ですかね。

敵車役はBMW(760?M5?)という設定。

キャストは、タクシーでかっとばす主人公が原作と違い、黒人女性。
敵役はブロンド美人のブラジリアンという設定。

期待はしてたんですが、リメイク度でいくと、、、?です。好き好きかなと。
私と、一緒に行った友人達の評価は10点満点でいくと4点~6点てとこでしたーー。

ストーリー的には、
 11月にTSUTAYAに新作入荷された『ワイルド・レーサーズ』
 +
 『タクシー』(原作)

と言った感じですね。

ワイルド・レーサーズ公式サイト(de)
 本国・米国等名称「アウトバーンレーサーズ」

カーチェイスシーンに期待はしてたんですが、さすがは予算かけてない映画。
そこが残念ですねー。
車のアクション的な面を除いても、リメイクするには早すぎたかな?という印象です。
ゆっくり時間をかけて熟成作品で上映して欲しかったー。

というわけで、内容には触れません。
観てない方へネタばれしても仕方ないので。

時間に余裕がある方は一見して意見ください。

そんなとこでしたー


■公式サイト

■Yahooムービー

■AppleサイトのTrailers(予告Movie※要QuickTime)
[PR]