F1,2010

ひさびさのエントリです.

そろそろ,いろんな話題というか噂がようやくホントの部分が一般の目にもみえるようになってきた.



現時点でのドライバ・ラインナップは以下に転記しておきますが,,,今年のこのラインナップをみての個人的注目は2点.

メルセデスやら,マクラーレンやらの,自国チームがだいぶ話題にはなっているけれども,,

ザウバーとロータスF1

この2つに目がいってしまう.

前者については,デ・ラ・ロサだ.
個人的にとても好きなドライバーの一人であり,表立っての影こそ薄かったものの,現在のマクラーレンがあるのは彼のおかげだと思っている.
ここ数年やっていたF1クイズの場でも,デ・ラ・ロサのことを何度もコメントしていたことなので,嬉しいことだ.
マシン開発に優れたドライバーはチームも良くする.
ようやく,日の目をみたかーー!!といった印象なのが一番.
なかなか知られていないけれど,国内でも,フォーミュラニッポンで,あのチームノバにいたのもデ・ラ・ロサ.
日本国内で,ハコもフォーミュラもチャンピオンをとっていた超実力派ですね.
チームメイト.去年結果がよくて話題だった小林だけれど,個人的にはあまりいい印象はない.
どちらかというと,TOYOTAドライバーチョイスのとき,一緒にあがっていた平手のほうが,ドライバビリティに優れていてとてもすきだったのだが(現に国内レースではいい走りをみせてくれてるし),,,なぜ小林?というのがあって,どうも好きになれないのが第一なのかも.
自分日本人なのに,たぶんデ・ラ・ロサにしか目がいかなさそうである.
しかしながら,デ・ラ・ロサが小林にとってはだいぶいい刺激になっていいドライバーになってくれる1年になることは期待だ.
チーム的にも,BMWのファクトリー設備がそのまま使えるものが多々あるようで,そうなると,デ・ラ・ロサにとっても願ったりかなったりな環境がそろっているということになる.


そして後者.
まー「ロータスだからでしょ?」といわれそうだが,なによりこのドライバーのコンビ.
こう,パッとしない二人にみえるけれども,こういう,ベテランと,上位チームにいたドライバーとのコンビってなかなか面白い結果を生むから,楽しみ.なんていうか,化学変化的なものを期待しているのかもしれない.

あと注目どころといえば,やっぱり,「セナ」の名前がF1のトラックに帰ってくるのは,やっぱり子供の頃,はじめて「F1」ってものを目にしたときの,貴公子を思い出さずにはいられないのは事実かもしれない.
セナとコンビを組んでいた,ゲルハルトベルガーも絶賛だった,ブルーノにも,ドライバーとしては興味がある1人だ.

本当であれば,ピケとセナの2人の名前,そして中嶋の名前の3人が今年のトラックに並ぶはずだったのに,そうはいかなかった.
熱き時代のドライバーの名前を実況で同時に聞きたかったのかもしれない.

テスト走行も近いことだし,今頃はシミュレータでドライバーもトラックに出るのを楽しみにしている頃だろうか.

いやーとても好きな懐かしいドライバーの一人がまたこういうのに座ってるのを見ると,胸の奥からこみあげてくるものがありますね.

マーク・ブランデル.懐かしい.

2010年F1ドライバー・ラインアップ - 2010年01月22日
F1 2010 - driver line-ups

マクラーレン
01. ジェンソン・バトン (英国)
02. ルイス・ハミルトン (英国)

メルセデスGP
03. ミハエル・シューマッハ (ドイツ)
04. ニコ・ロズベルグ (ドイツ)

レッドブル
05. セバスチャン・ヴェッテル (ドイツ)
06. マーク・ウェバー (オーストラリア)

フェラーリ
07. フェリペ・マッサ (ブラジル)
08. フェルナンド・アロンソ (スペイン)

ウィリアムズ
09. ルーベンス・バリチェロ (ブラジル)
10. ニコ・ヒュルケンベルグ (ドイツ)

ルノー
11. ロバート・クビサ (ポーランド)
12. 未定

フォース・インディア
14. エイドリアン・スーティル (ドイツ)
15. ヴィタントニオ・リウッツィ (イタリア)

トロ・ロッソ
16. セバスチャン・ブエミ (スイス)
17. ハイメ・アルグエルスアリ (スペイン)

ロータスF1
18. ヤルノ・トゥルーリ (イタリア)
19. ヘイキ・コバライネン (フィンランド)

カンポス・メタF1
20. 未定
21. ブルーノ・セナ (ブラジル)

USF1
22. 未定
23. 未定

ヴァージン・レーシング
24. ティモ・グロック (ドイツ)
25. ルーカス・ディ・グラッシ (ブラジル)

ザウバー
26. ペドロ・デ・ラ・ロサ (スペイン)
27. 小林可夢偉 (日本)
[PR]