RKF 第4回までの推移

レースレポ,書こうか書くまいか,悩みつつ,色々と結果眺めてました.





過去のリザルトからの推移をみてみました.

トップになったチームの推移

2005年度(2006.2): DRY
 周回数 306 周
 ベストラップ[EX21]: 50.250

2006年度(2007.2): WET->DRY
 周回数 286 lap
 ベストラップ[EX21]: 50.016

2007年度(2008.2) DRY
 周回数 310 lap
 ベストラップ[EX21]: 49.439

2008年度(2009.2) DRY
 周回数 319 lap
 ベストラップ[EX21]: 49.881


だんだん周回数が上がってきています.
しかも,なにより今年一番変わったのはタイヤ.
SL83規格 ->DUNLOPのDFK2のワンメイクとなった.
タイヤのグリップが下がっても,周回ラップ数が上がっているのってすばらしいです.
ベストラップを見てもわかるとおり,去年よりもタイムは下がってはいるものの,リザルトラップ数が向上しているということは,マシン状態の向上(基本的にマシンはノーマルですからセッティングとか)+ドライバーの力量が向上した(SCの回数が減ったと考えても)と考えるのが妥当なんでしょうかね.

特に今年は去年ぶんぶんいわしめてたFK-5が未出走だったことを考えても,マシン性能の差や速度差も減っていて,余計にトラブルも少なかったのもあるのかなといったイメージですね.
でも,2stと4st混走って面白いですけどね,superGTみたいで.

こういうレースって,いつまであるのかわからないものですから,楽しめるうちに楽しんでおきたいなと思うところです.


さーて,来週は・・・
マシンの後片付け系が残っています.
とは言っても,来月までハイランドはオープンしないので,とある方の家にカート3台も置かせてもらっているような状況ですねー.
[PR]